パンスト

パンストを穿いたときの蒸れや臭いを改善させるためには

  • 汗とノネナールが組み合わさることによって不快な臭いが発生する加齢臭
  • ニンニクなどのニオイの強い食べ物を食べたりオーラルケアが不十分だったり便秘気味だったりするときに生じる口臭
  • 汗をかいたり頭皮環境が乱れていたりシャンプーのやり方が間違っていたりするときに出てしまうミドル脂臭
  • 疲れやストレスが溜まるとアンモニアのような臭いが発生するストレス臭や疲労臭
  • 脇の下のアポクリン腺という汗腺から分泌される汗が臭うワキガ

など体臭には様々なタイプのものがありますが、夏場に女性が悩まされるものと言えばパンストを穿いたときの嫌な臭いです。臭いだけではなく蒸れによる不快感がつきまとうというのが厄介なポイントです。

 

パンストの匂いの不快感

  • 脚にぴったり張り付いてまとわりつく感じが気持ち悪くて耐えられない
  • デスクワーク中や移動中などふとした瞬間に漂ってくる臭いが気になり周りにバレていないかどうか心配になる
  • 仕事柄パンプスを一日中履き続けなければならずむくみによる重苦しい鈍痛と相まってとにかく不快
  • 対策をしたいけど何をすればよいかわからない

などの悩みを抱えている女性は多いのではないでしょうか。
臭いの問題はとてもデリケートであり、他人に指摘することが出来ません。
裏を返せば、自分の体から嫌な臭いが出ていたとしても誰からも指摘されないということになります。

体臭対策はエチケットとして必要不可欠なものですし、体臭があると印象が悪くなり不潔でだらしない人というレッテルを貼られてしまいますので、高い意識を持って対策に努めていきましょう。

 

蒸れや臭いの原因を特定してメカニズムを正しく理解する

対策を行う前に、まずは蒸れや臭いの原因を特定してメカニズムを正しく理解しておかなければなりません。

不快な蒸れや嫌な臭いに結びつく原因についてですが

  • 足の裏や踵や爪やくるぶしや指の間に角質が溜まっていて菌が繁殖しやすい状態になっている
  • 通気性が悪い素材の下着を身に着けていて汗やおりものや生理時の経血などの湿気によりデリケートゾーンが蒸れている
  • 腰から足のつま先にかけて大量に汗をかいている

などがあります。
これらの原因にしっかりと働きかけることが出来る適切な対策をすれば、パンストにつきまとう臭いや不快感は確実に解消されます。

嫌な臭いの正体は、菌の繁殖です。
足の角質が硬くなっていて古い角質がびっしりとこびりついていると、それをエサとして菌はどんどん増殖していきますので要注意です。

 

足の菌の増殖を抑えるおすすめの方法

おすすめの対策方法としては、

  • スクラブが配合されているピーリングジェルを塗って古い角質をオフする
  • 足の裏の角質を取り除くための専用のパックを定期的に使用して常にツルツルな状態を保つ
  • 角質を柔らかくする作用を持つ尿素が高濃度で配合されているクリームを用いて保湿ケアをする
  • 強力な消臭作用や殺菌作用がある洗浄力の高い石鹸やボディーソープを使用して足を清潔にしておく
  • 汗をかいたらすぐにシートタイプの制汗剤で拭き取りサラッとした状態をキープさせる
  • 臭いと汗の両方にアプローチすることが出来るタイプのデオドラントクリームを汗をかく前の清潔な足に塗っておく

などがあります。

足の角質が無くなれば、菌の増殖が抑えられて臭いが気にならなくだけではなく、自分の素足に自信が持てるようになり気兼ねなくサンダルを履くことが出来るようにもなります。

 

デリケートゾーンも蒸れて湿気を帯びやすく菌が増殖しやすい

菌が繁殖しやすい部分は足だけではありません。
デリケートゾーンも蒸れて湿気を帯びやすく菌が増殖しやすい環境ですので、蒸れないようにするための対策が必要です。

そのために行うべきこととしては、

  • 湿気が帯びないようにするために通気性や速乾性や抗菌性に優れた素材の下着を身に着ける
  • ナプキンやパンティーライナーはつけっぱなしにせずなるべくこまめに交換してデリケートゾーンを衛生的に保つ
  • クリニックの医療レーザー脱毛やエステティックサロンのフラッシュ脱毛でVIO脱毛をする
  • デリケートゾーン専用のボディーソープを使って清潔にしておく

などがあります。

汗っかきで下半身が汗ばんでしまう女性は、パンスト選びにもこだわりましょう。

 

汗対策に適した機能的なパンストを選ぶ

抗菌防臭に優れたパンストは様々なメーカーやブランドから市販されていますので、汗対策に適した機能的なタイプのものを選ぶべきです。

パンストを穿いたままの状態で使用することが出来るデオドラントスプレーや消臭スプレーなどを外出時に携帯しておくと、いざというときに安心です。

➡️夏場にパンストを穿く女性必見!蒸れはどうすれば解消できる?

夏場に最適な、ひんやりとした爽快感が得られる冷却タイプのものもあります。
物理的な汗対策として、オフィスの自分のデスクの足元にこっそり足専用の扇風機を設置するという方法も効果的です。

緊張やストレスや不安などの心的な作用によって汗をかいてしまうという方は、

  • 睡眠や休息をたっぷりととって疲労やストレスを取り除き自律神経のバランスが乱れないようにする
  • 栄養バランスに配慮した質の良い食事をとったりサプリメントを飲んだりしてインナーケアをする
  • 適度な運動をしたりこまめに水を飲んだりして新陳代謝を促進させる

などの対策も必要です。