ラジオのDJになるためには?

1.声が主役のDJになる方法

ラジオのDJと聞いて真っ先に頭に浮かぶのは、顔や姿ではなく声が主役の仕事であるということかもしれません。
テレビと違って、視聴者に顔や姿は一切見えず、とにかく自分の声を聴かせることになるからです。
そのため、誰が聴いても魅力的だと感じるような、聴きやすい声である必要があります。

実際、ラジオのDJになるためには、とにかく聴きやすい声になることを目指してトレーニングする必要があります。
そのためにできる第一歩は、自分の声の特徴をよく知ることだと思います。

私たちすべてには持って生まれた声があり、少し努力したからといってそう簡単に変えることができるわけではありません。
例えば、弱々しい声の人もいれば大きくて力強い声の人もいます。

また、ややしゃがれた声の人もいれば鼻にかかったような声を出す人もいることでしょう。
他の人が聴いて聴きやすいと感じる声にするためには、まず自分の声の特徴を知り、自分に足りない要素が何かを見極めた上でトレーニングをすることが必要なのです。

2.トレーナー次第では自分の声をもっと魅力的にすることができる

持って生まれた声の本質は変わらないものの、トレーナー次第では自分の声をもっともっと魅力あるものとすることができると言われています。

その際に目指すべきなのは、しっかりとした声の基礎を作ることです。
それができれば、より一層表現力のある声になり、安定感のある聴きやすい声になることでしょう。

ラジオのDJになりたいと思うなら、自分が憧れるラジオDJの声を何度も何度も聴いて吸収することができます。
とは言っても、全くその人の真似をしてその通りになることを目指すのではなく、間の取り方やトークスキルなど自分が必要だと感じる技術を吸収することができるのです。

このようにする際、自分に必要な技術をしっかり学ぶと同時に、自分自身の個性を大切にすることも大切であるという点を忘れないようにします。

3.専門的なトレーニングを積めるような事務所に通う

さらに、ラジオのDJになるためにできることとして、具体的な方法を幾つか挙げることができますが、その一つが専門的なトレーニングを積めるような事務所に通って学ぶことです。

その際に選ぶことができる所として、専門学校やタレント事務所などがあります。
実際に放送業界と密接な繋がりがあり、強力なネットワークを持っている事務所を選ぶなら、必要なトレーニングを確実に積むことができると思います。

なおかつ、事務所に自分を上手にアピールしておくことで、実際にお仕事が回ってくる場合があるかもしれません。
効果的に学べる専門的な事務所を選び、しっかり通って学ぶようにしましょう。

4.スムーズな司会進行のためには頭の回転の速さが必要

加えて、ラジオのDJとしてきちんとした仕事を行なえる人になるためには、トークスキルだけでは十分ではありません。
実に様々な資質が求められているのです。

例えば、一つの番組を受け持ってスムーズに司会進行を行なうためには、頭の回転が良くなければならないでしょう。
番組の中ではとっさの対応が求められるような場面も出てくるものです。

そんな時、頭が上手く回転せず、受け答えに戸惑ってしまったり沈黙が続いてしまったりするなら、多くの視聴者を当惑させたりがっかりさせす結果になってしまいます。
普段から、頭の回転を良いものにできるよう、柔軟な思考回路を身につけておくことができます。

また、視聴者の注意を引きつけておくためには、常に視聴者の立場に立って物事を考えら荒れる能力も必要となってきます。
つまり、人間として深みのある人であることが必要であり、それと同時に時事問題などにも十分精通していることが必要です。

こうした面で努力を払うなら、深みのある魅力的な司会進行ができるようになり、多くの視聴者の心をしっかりと掴むことができるでしょう。